南山アーカイブズ アーカイブズについて

南山アーカイブズの設置概要・役割についてご案内します。

設置概要

南山アーカイブズは、2014年9月、南山学園史料室と南山大学史料室が統合して、南山学園の史資料保存利用施設として、南山学園発祥の建物である「南山学園ライネルス館」に開設されました。学園に関する史資料の収集、調査、整理、保管、公開および活用等を行い、教育・研究等に資することをその目的としています。

収蔵対象が学園業務文書と学園史資料の2本立てであること、教員が個人で管理していた業務文書(教育・研究を含む)を受け入れていることが特徴です。

役割

業務

収蔵史資料

収蔵史資料の一部は展示室にて公開しております。

スタッフ

南山アーカイブズ館長 オズワルド・カバラル(南山大学名誉教授)
南山アーカイブズ担当大学教員 永井 英治(南山大学国際教養学部教授)
事務職員 4名(総務課所属)

南山アーカイブズ委員会

南山アーカイブズの事業や業務及び運営に関する事項を協議・決定する機関として、理事会の下に南山アーカイブズ委員会を設置しています。

委員長 常務理事(総務担当)
委員
  • 南山アーカイブズ館長
  • 南山アーカイブズ担当大学教育職員
  • 大学選出委員
  • 高中校選出委員
  • 小学校・幼稚園選出委員
  • 宗教法人カトリック神言修道会選出委員
  • 宗教法人カトリック聖霊奉侍布教修道女会選出委員
  • 宗教法人聖心の布教姉妹会選出委員
  • 総務課長

「南山学園ライネルス館」について

所在地 名古屋市昭和区五軒家町6番地
年代 昭和7年[1932年]
構造等 鉄筋コンクリート造・3階建
設計者 マックス・ヒンデル
  • 登録有形文化財指定(平成10年9月2日)
  • 名古屋市都市景観重要建築物指定(平成8年2月27日)

ライネルス館は、南山学園発祥である旧制南山中学校校舎として建築されました。

スイス人建築家であるマックス・ヒンデルは大正13年[1924年]~昭和15年[1940年]に日本で建築家として活躍し、上智大学(東京)のほか、主税町教区長館(名古屋市東区)、恵方町教会(名古屋市昭和区)などを設計しています。創立者ライネルス師は教会建築を通してヒンデル氏と親交を深め、南山中学校校舎建築の設計を依頼しました。

戦時中は軍に接収され、迷彩色に塗られた時代もあり、戦後は、南山外国語専門学校・南山大学の設置に伴い、昭和25年[1949年]に西翼校舎、昭和25年[1950年]に東翼校舎を連結増築し、南山大学の最初の校舎にもなりました(昭和39年[1964年]に南山大学は移転)。その後は南山高等・中学校国際部(南山国際高等・中学校の前身)の校舎、南山学園本部としても使用され、現在は南山アーカイブズ」として、南山学園の伝統を守り、受け継ぐ場所となっています。

建物は左右対称で、玄関に4本の円柱を置き、外壁は黄土色のテラゾー(人工大理石)で落ち着いたデザインになっており、全体として規律と地味さが際立つ意匠といえます。屋上の手摺壁であるパラペット(胸壁)には山形の切込みは特徴的で他に類を見ません。

内壁は漆喰塗とし、廊下や教室は各回とも柱や壁に腰羽目をかなり高い位置(約1.4m)まで張って、床とともに焦げ茶色で統一したシックな色彩となっています。こうした色調の中に、二列で割った折れ階段や、当時では珍しい水洗トイレを採用するなど、変化の新鮮さのある校舎でした。校舎北側の運動場へのアクセスのため、1階には階段室が設けられています。