同窓会について

会長就任のごあいさつ

 まもなく梅雨が明け、本格的な夏を迎えますが、同窓生の皆さまにはご清栄のこととお慶び申し上げます。
 このたび、6月17日に開催された定時代議員総会において、会長に就任いたしました松岳大樹(マツオカ ダイジュ)です。これまで5期10年の長きにわたり会長をお務めいただいた森本 伉 様(大17期 経済)は相談役に就任され、今後も母校と同窓会の発展のために引き続きご尽力賜ることになりました。
 さて、皆さまもご承知の通り、世の中は 今 大きく変わろうとしています。いろいろな場面で今までのやり方では成り立たない状況となっております。母校南山大学もその大きな流れの中で、ワンキャンパスとなり、ソフト面はもちろんのこと、新校舎の建設、校舎の改修、グラウンドの人口芝整備などハード面の強化も推し進めているところです。
 同窓会の会員は、2020年にはいよいよ10万人になる予定です。母校発展のためには、今まで以上に大学と学生と同窓会がうまく連携することが大切になってくると確信しています。Hominis Dignitati(人間の尊厳のために)のもと、母校の明るい未来に向けて、同窓生の皆さまと共にこの連携について考え実行してまいりたいと思っております。
 今後とも、なお一層のご支援ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

<平成30年7月2日 記>

南山大学同窓会 会長
松岳大樹
(大35期 経済)

南山大学同窓会

設 立 1952(昭和27)年3月
目 的 会員相互の親睦を図り、本会ならびに南山大学の発展に寄与すること。
構成員 (会員) 名古屋外国語専門学校卒業生、南山大学学部卒業生、南山大学大学院修了生、南山短期大学卒業生、上記の中途退学者で常任理事会の承諾を得た者
会 則 会則、会費規定、代議員・理事候補者推薦細則 〈→ PDFはこちら
組織図

平成30年度・31年度の役員

会 長 松岳 大樹  (大35期 経済)
副会長 根本 景子  (大24期 イスパ)
秋山 和久  (大33期 イスパ)
三輪 紀光  (大33期 経済)
古山 美保  (短11期 人間関係)
常任理事 武鹿 照崇  (大21期 経済)
芳賀 進   (大28期 人類)
山﨑 宜久  (大29期 英文)
相談役 西村 二男  (外3期 英語)
森本 伉   (大17期 経済)
常任理事 脇田 幸雄  (大30期 法律)
前田 尚彦  (大33期 人類)
家田 馨子  (大37期 教育)
岡崎 海一郎 (大58期 経済)
植木 祐矢  (大61期 法律)
田口 雄大  (大61期 総合政策)
河北 直美  (短2期 英語)
監事 安井 恒雄  (大20期 経営)
冨田 久仁子 (大25期 経営)

各卒業年次、各支部から選出された代議員:355名 代議員の中から選出された理事:151名

平成30年度事業計画

基本方針 1. 母校への支援
2. 組織活動の拡充・強化
3. 広報活動の充実
4. 事業活動の活性化
5. 大学・学生との連携
6. グランドデザインの構築
組織委員会 1. 支部活動支援と推進
2. 年会費納入のあり方の検討および促進
3. 代議員総会の開催方法の検討および代議員活動の活性化
広報委員会 1. 同窓会報の年1回発行
2. ホームページの保守・管理
3. 会報およびホームページのリニューアル
事業委員会 1. ホームカミングデーの実施(平成30年11月4日)
2. 恩師を囲む会の開催(年3回)
3. NKS(南山婚活ステーション)の開催(平成31年2月)
総務委員会 1. 大学との連携の推進
2. 在学生顕彰制度の効果的な運用の推進
奨学金委員会 1. 奨学生の選考
2. 奨学金の給付
長期計画委員会 1. 同窓会の活性化に向けた改善策の検討 ~グランドデザインを踏まえて~
代議員・理事候補者
推薦委員会
1. 大学第68期代議員の推薦・選出
2. 大学第68期理事候補者の推薦
個人情報管理委員会 1. 個人情報保護の啓発
2. 個人情報の保守管理
支部協議委員会 1. 前年度に引き続き、支部活動活性化の為の各支部での取り組みの教訓を全体で共有する
2. 各支部総会に支部協議委員会役員派遣、意見交換を行い、各支部間の交流・連携をさらに強化
3. 同窓会本部との連携により同窓会基盤の強化、活性化に資する